RTX810 で VLAN と IPv6 を両立させる方法

タグ VLAN の設定を行っているヤマハ RTX810 に IPoE IPv6 の設定を行いましたが、 ちょっとコツがいりましたのでまとめたいと思います。

純粋な IPoE IPv6 の設定方法

ここ に設定方法があります。
IPv6 は RA(Router Advertisement) という機能によってアドレスなどの自動設定を行いますので、LAN I/F (lan1) に対して RA を広報しています。

ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 icmp time-exceeded send on rebound=on
ipv6 lan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on

これはひかり電話を使わないパターンですが、 使う場合でも PPPoE の場合でも最終的に RA により下流に広報するのは同じです。

タグ VLAN I/F に IPv6 RA が広報できない

タグ VLAN 設定がある場合は特定の VLAN I/F に投げることとなりますので、 以下のように設定すれば良さそうに見えます。
しかし残念ながらこれだと RA が広報されません。

vlan lan1/1 802.1q vid=100 name=global
vlan lan1/2 802.1q vid=200 name=local
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 icmp time-exceeded send on rebound=on
ipv6 lan1/2 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 lan1/2 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 lan1/2 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on

いろいろ試した結果、 この状態で lan1 に直接広報させると広報できるのでそもそもタグ VLAN に非対応ということのようです。
後からファームウェアアップデートで対応した機能なので仕方ないのかもしれません。

ポート VLAN I/F は特定の条件でしか広報できない

ポート VLAN ならいけるのではないかと実験してみました。
結果から書くと RA の広報はどのポートでも可能ですが、 通信できるのは1番目のポートのみでした。
例えば先ほどのタグ VLAN を止めてポート VLAN を使うようにした場合、 以下のような設定をします。

lan type lan1 port-based-option=divide-network
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 icmp time-exceeded send on rebound=on
ipv6 vlan2 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 vlan2 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 vlan2 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on

この時に vlan2 のネットワークで RA での広報が出来て端末に IPv6 のアドレスも振られるのですが、 ルータと端末で通信が出来ません。
I/F のステータスをルータでみていると、 ルータからの送信を vlan1 に投げてしまっていることが分かりました。

RTX810 で VLAN と IPv6 を両立させる方法

これらの実験から、 RA を広報したいネットワークを vlan1 に設定する事で一応解決します。

lan type lan1 port-based-option=divide-network
ipv6 prefix 1 ra-prefix@lan2::/64
ipv6 icmp time-exceeded send on rebound=on
ipv6 vlan1 address ra-prefix@lan2::1/64
ipv6 vlan1 rtadv send 1 o_flag=on
ipv6 vlan1 dhcp service server
ipv6 lan2 dhcp service client ir=on

なんだか腑に落ちませんが、 これ以外方法がなさそうです。
ちなみにサポートに問い合わせてみましたが回答が恐ろしく遅延し、 その後以下のようにあっさりと仕様との回答を得ました。

早速ではございますが、お問い合わせ内容につきましては複数インターフェース(VLANなど含む)への接続はできませんので予想される結果です。予めご留意いただきますようお願い申し上げます。

出来ないという回答でしたので、 今後この方法では接続出来なくなるかもしれませんが……。
一応念のためサポートにはこのようにしたら出来たよと一報入れておりますが、 なしのつぶてです。

悩んでいる方のご参考になれば幸いです。
RTX1210 などの I/F が3つ以上有る機種だともしかしたらもっと単純かもしれません。

カテゴリ: 

コメント

うっしっし~さんからメールでアドバイスを頂きましたので、以下に転記します。
情報をご提供いただき、ありがとうございました。

貴殿と同じ問題に直面し、2chで尋ねた所このHPを教えて頂きました。

私は諦めきれず、RTproを調べまくり、かつ色々なHPを参考にして、YAMAHAサポートとメールでやりとりした結果、IPv6プレフィックス56を入手できる場合、下記設定でRTX1200では無事対応出来ました。

※ポートベースvlanでvlan1~3の3つのvlanを作成した際の設定になります
※ポートベースvlanの設定は省いていいます
※WANポートにLAN3を利用しています
※ipv6 prefix 10 dhcp-prefix@lan3::AB:0:0:0:1/64の記述は、ipv6 prefix 10dhcp-prefix@lan3::AB:0:0:0:0/64の方がより正しい表記ですが、YAMAHAルータ関係では、末尾1で表記するルールになっているとのことです。

ipv6 lan3 address dhcp
ipv6 route default gateway dhcp lan3
ipv6 prefix 1 dhcp-prefix@lan3::/56
ipv6 lan3 dhcp service client
ipv6 prefix 10 dhcp-prefix@lan3::AB:0:0:0:1/64
ipv6 prefix 20 dhcp-prefix@lan3::CD:0:0:0:1/64
ipv6 prefix 30 dhcp-prefix@lan3::EF:0:0:0:1/64
ipv6 vlan1 address dhcp-prefix@lan3::AB:0:0:0:1/64
ipv6 vlan2 address dhcp-prefix@lan3::CD:0:0:0:1/64
ipv6 vlan3 address dhcp-prefix@lan3::EF:0:0:0:1/64
ipv6 vlan1 rtadv send 10 o_flag=on m_flag=off
ipv6 vlan2 rtadv send 20 o_flag=on m_flag=off
ipv6 vlan3 rtadv send 30 o_flag=on m_flag=off
ipv6 vlan1 dhcp service server
ipv6 vlan2 dhcp service server
ipv6 vlan3 dhcp service server

ipv6 filter 1610 reject * dhcp-prefix@lan3::AB:0:0:0:1/64 * * *
ipv6 filter 1620 reject * dhcp-prefix@lan3::CD:0:0:0:1/64 * * *
ipv6 filter 1630 reject * dhcp-prefix@lan3::EF:0:0:0:1/64 * * *

ipv6 filter 1650 reject dhcp-prefix@lan3::AB:0:0:0:1/64 * * * *
ipv6 filter 1660 reject dhcp-prefix@lan3::CD:0:0:0:1/64 * * * *
ipv6 filter 1670 reject dhcp-prefix@lan3::EF:0:0:0:1/64 * * * *

ipv6 filter 8000 pass * * * * *

ipv6 vlan1 secure filter in 1620 1630 8000
ipv6 vlan1 secure filter out 1660 1670 8000
ipv6 vlan2 secure filter in 1610 1620 1630 8000
ipv6 vlan2 secure filter out 1650 1660 1670 8000
ipv6 vlan3 secure filter in 1610 1620 8000
ipv6 vlan3 secure filter out 1650 1660 8000

で、各vlanのIPv6プレフィックス64でのセグメント分離+各Vlan間の異なるセグメントからのアクセスを完全遮断出来ます。
※AB、CD、EFは好みに応じて設定して下さい。ただしこの部分より下部や上部を弄るとプレフィックス64を維持出来ません。
参考HP:https://yamagata.int21h.jp/tool/cidrcalc/ipv6.cgi


ホビー・フィギュア通販