FILCO Majestouch MINILA Air first impression

自宅では MacBook に USB キーボードや Magic Trackpad、 それに HDMI でモニタをつないでデスクトップのように使っています。
これまで使っていたキーボードは Windows でゲームをするためどうしてもテンキーが欲しかったので選んだものですが、 現在ではそれもない上にキーボードをどかして作業する事が多くなり、 重くて大きいキーボードが煩わしくなってきました。

職場では FILCO のテンキーレスを使っており、 同じのにしようかと思ってみていたら更に小さい上に Bluetooth 接続の FILCO Majestouch MINILA Air JP68キー 黒軸 を見つけて即購入。
職場でも黒軸を使っており、 一瞬赤軸を考えたものの結局黒軸。
ぴょんぴょん弾むようなキータイプがなにげに楽なのです。

かな入力(キートップのひらがな刻印をそのまま入力)派なので JIS 配列はマストなのですが、 世の中には JIS 配列といっておきながらエンターキー周りの配置が怪しいものがあり何度も泣かされてきました。
しかしこれはきっちりと並んでおり違和感無く入力できます。
右 Shift キーが小さいのですが、 なにげに上矢印キーとは間違わずに押せています。
ここは人によるかもしれませんが。

またキーボードにあるディップスイッチで Ctrl と CapsLock が入れ替えられるので導入がスムース。
Seil で無変換キーやかなキーの有効化を行っていますが、 配置を換えるのに特別な事をしなくて良いのは楽ですね。
なお標準の設定で option と command を入れ替えて MacBook と同じ配列にしています。
右側の option キーも command になってしまうので、 この辺は好みだと思います。

keyboard_swap_cmd_option

最初の認識時に JIS 配列にしても US 配列になってしまって焦りましたが再起動で解決し、 その後は快適です。
オートパワーオフ時にキーを押してあげると1,2秒でペアリングまで完了します。
ケーブルがないので移動させるのも楽です。

ファンクションキーを使うときに Fn キーを使うので最初はちょっと考えますが、 この辺は慣れでしょうね。
なお世の中にはこれを持ち歩いている方もいるようですが、 とりあえずは自宅用です。

カテゴリ: 

ホビー・フィギュア通販