book

ホビー・フィギュア通販

読書記録

内部統制とは、こういうことだったのかを読了。

内部統制の効果や理由はなんとなく分かるのだが、 逆に言えば何となくしか分からなかったので少々かじってみたくなり購入。
いくつか立ち読みしてみた中で、この本は弁護士との対話形式で進んでいて読みやすそうだったのと、 現状のひたすら文書明文化で現場がへとへとな状況に疑問を投げかけていた事に惹かれて。
弁護士との対話がスムーズに進みすぎな気もするがまぁ本の趣旨からいってこんなもんだろう(笑)

内容はすごくつっこんだ感じではないが、弁護士だけあって必ず知って置くべき事項は網羅されている。 そういう意味では今回の趣旨にちょうどよかったと思う。
概要や目的を知りたいという方におすすめかもしれない。

しかし理由も分からず文書明文化作業をやらされてへとへとの人は大変だろうなぁ。

カテゴリ: 

読書記録

恋空前編を読了。本じゃないけど。
(稚拙な文章が)切なくて、 (笑いをこらえるのが)苦しくて、 あとなんだ。 とりあえず小学校の「かきかた」の授業をやりなおしだな。

ちなみに書籍の方も見てみたけど横書きに衝撃。
いや横書きはともかく、 改行後はすべて段落扱いで字下げしてるとか一行に入らずに二行目に二文字くらいだけいるとか、 なんだろう DTP っておいしいってレベルの物体が一冊千円で並んでいるのでまだ見てない方は本屋にダッシュだ。

そんな折、 「やる夫が小説家になるようです」 というのを見つけて読みふける。
最初は恋空とかのただのあおりかと思ったのに最後まで一気に読んでしまった。 というかちょっと小説書いてみたくなるくらいためになった! これが千円で書店に並んでいたら買うかもしれない。

カテゴリ: 

読書記録

咲を読了。
積んでいた2巻と最近買った3巻を一気に読んだ。

去年の今頃りつべ氏というか小林立氏が今でも漫画を描いていたことを知って即刻1巻を購入したのが始まり。 りつべ氏の描くかなしげな笑顔が好きでした。

カテゴリ: 

ページ


sakura
Subscribe to book