FreeBSD

Note:20131010

不定期に気になった記事をノート代わりに。

FreeBSD9 + ZFS

4年ほど前から稼働中の FreeBSD/amd64 on Atom330 + zfs なサーバが FreeBSD7 なのでそろそろどうにかしないといけないのですが、 だいぶパワー不足も感じていましたので思い切って新サーバを導入する事に。

Atom330 から Haswell の Core i5 4570T に超絶パワーアップ。
メモリも 2GB から 16GB になり、 ZFS の ARC にもりもり使えるようになりました。

以前はどうしても UFS パーティションが必要で USB メモリを使っていましたが、 FreeBSD9 ではすべて ZFS で構成できます。
以下の FreeBSD 9.0-RELEASEのインストール(zfs環境構築) を参考というかまるまるそのまま導入できました。
ありがたい。

ちなみに DH87RL の内蔵 NIC は FreeBSD9.1R では認識しませんでした。
たまたま別の NIC もさしていたので 9-stable の最新にしたところ勝手に認識。

カテゴリ: 

Note:20130725

不定期に気になった記事をノート代わりに。

Note:20130724

不定期に気になった記事をノート代わりに。

カテゴリ: 

Note:20130616

不定期に気になった記事をノート代わりに。

Note:20130509

不定期に気になった記事をノート代わりに。

Note:20130220

気になった物をつらつらと。

Note:20130127

ずいぶんため込んでしまいましたが、 気になった物をつらつらと。

さくらの VPS の FreeBSD で VirtIO を有効にする

さくらの VPS は最近のプラン変更(512プランが無くなった)時に、 VirtIO による準仮想化に対応しました。
FreeBSD は標準では対応していないため OS 選択時に VirtIO が無効になりますが、 完全仮想化ではパフォーマンスの低下がみられる事となります。
とくに、 どうも同一マシン上の他の仮想環境で負荷が上がった際に影響を受けやすくなるようです。
そんなわけで FreeBSD で VirtIO を有効にしたいと思います。

カテゴリ: 

FreeBSD の開発・配布マシン群への不正侵入発生について

11月11日に FreeBSD.org クラスタの一部で不正侵入を確認したようです。
対象は ports/packages 構築関係のマシンだそうですが、 今のところ影響は見つかっていないようです。

FreeBSD.org intrusion announced November 17th 2012
FreeBSD の開発・配布マシン群への不正侵入発生について

11 月 11日 (日)、FreeBSD.org クラスタにある 2 台のマシンにおいて不正侵入が確認されました。 FreeBSD プロジェクトは事態を分析するため、 これらのマシンを停止させてネットワークから切り離しました。 用心のため、FreeBSD プロジェクトが管理するその他のマシンのほとんども、 同じ措置を行ないました。
FreeBSD 利用者に影響をおよぼすような変更が加えられた形跡は見つかっていませんが、 http://www.freebsd.org/ja/news/2012-compromise.html に書かれている報告を一読いただき、 必要な対応をとるようにお願いいたします。 このページは、新しい情報が判明しだい更新されます。 現時点での分析結果からは、FreeBSD 利用者への影響はないと考えられていますが、 もし今後の分析で影響が確認されるようであれば、 あらためて情報の提供を行なう予定です。
[FreeBSD.org]

カテゴリ: 

ページ


ホビー・フィギュア通販
Subscribe to FreeBSD