FreeBSD

FreeBSD on Atom 温度取得メモ

過去のエントリ で温度が取れないという話を書きましたが、 /boot/kernel をみると coretemp.ko というモジュールがあるじゃないですか。

というわけで kldload coretemp.ko としてロードしてから、

sysctl hw.acpi.thermal.polling_rate=30

としてみて無事温度が取れるのを確認。
ついでに loader.conf にも記述しておく。

echo 'coretemp_load="YES"' >> /boot/loader.conf

これで無事完了……と思いきや、 再起動後にエラーになっちゃいました。
loader.conf に書いておけば先にロードされるだろうし、 んー原因不明です。

カテゴリ: 

FreeBSD7.1 on Atom が不安定

先日書いたとおり Intel Atom なベアボーンに FreeBSD 7-stable を入れてサーバにしていますが、どうにも調子が悪い。
動作自体に問題はないんですが、起動から数日経っていて高負荷状態になると kernel panic してしまう。
gcc でもりもりコンパイルしているときは突然 segmentation fault とかで止まっちゃう感じ。

いろいろ気になって以下のような対策をしてみました。

カテゴリ: 

メールサーバ移行メモ

年明け前に重い腰を上げてメールサーバを移行したのでメモ。
移行対象のソフトウェアは sendmail, milter 関係(SpamAssassin, ClamAV, greylist, milter-regex), Cyrus-IMAPd です。

カテゴリ: 

FreeBSD7.0でirc関係メモ

irc 関係を移行したのでメモ。

  • TwitterIrcGateway を動かす
    FreeBSD7.0(7-stable) ではバイナリ版がそのまま動かなかったので compat とか入れてみる。

portinstall misc/compat6x

エラーメッセージが変わって glib が必要そうなのでそれも入れる。

portinstall devel/glib20

元々いろいろ入れてるのでこれだけではないかもしれませんが起動しました!
……が、必ず core 吐いて死んでしまう。

仕方がないので素直に mono を入れて動かしました。

portinstall lang/mono

カテゴリ: 

AtomマシンにFreeBSD7.0を導入の続き

随分と時間が開いてしまいましたが、作業中にメモらしき物を取っていたのでこちらに記載。

カテゴリ: 

Atomマシンに移行中

Atom マシンを組んでからエージングやら仕事で放置ぷれいやらでずいぶん時間が経ってしまいましたが、大体こんな感じかなーってところまで来たので少しずつ移行しています。

ただどうも make buildworld など長くコンパイルをしてると Segmentation fault で止まっちゃうことがあって、一回止まると再開してもすぐに別の場所で現象が発生するので熱暴走を疑っています。
そんなこんなで移行中ちょっと apache をコンパイルし直していたら kernel panic で刺さってしまいました……。

温度は大体60度前後を指し示しており高い気もしますが、ちょっと調べてみると廃熱が難しいノートなどに入れる目的の CPU は100度くらいまで耐えるようで、Atom も例外ではなさそうなんですよね。
ただ拾ってる温度が CPU なのか chipset なのかがよくわからなくて不安なので、FAN を交換することにしました。

カテゴリ: 

AtomマシンにFreeBSD7.0を導入

うちのメインサーバが常時メモリ不足でどきどきものなので、 サーバ移行を考えて試しに Atom マシンを組んでみました。 しかしこの常時メモリ不足の中しれっと動いてるのは凄い。

ちなみに組んだというか正確にはベアボーンです。
Shuttle X27 に 2GB のメモリと 160GB の2.5吋 HDD を搭載。
こんなかんじ。
X27/Macro

最初は ESXi でも動かしてディスクレスにしようかと思ったんですが、 Marvell な NIC では動かないようなので断念。
NS4300N に TFTP を入れて PXE boot も考えましたが、 全部 NFS に乗ってるのはどうかなーというのと思ったより TFTP 入れるのがだるそうなのでパス(笑)

そんなわけでさくさくインストール。

カテゴリ: 

FreeBSD6.4

FreeBSD6.x のファイナルが6.4で決定だそうで。

個人的にはずいぶん短いなぁと思いましたが、そう思うのは 4.x が長すぎたんでしょうね。 5.x も早かったと記憶していますがあれはちょっと失敗っぽいしなぁ(笑)

うちの SC430 も、どこかで ATOM なマシンにして FreeBSD 7.x にしたい……。

カテゴリ: 

svnadmin

久々にリポジトリ作ったりしようと思ったら svnadmin が動かない。 うむむ、先日の subversion-python いれた辺りが原因か。

ちなみにエラーメッセージは

svnadmin: ファイルシステムモジュール 'bdb' のバージョンが一致しません

ということなのですが、 BDB は使ってないし そもそもマイナーバージョンアップでそんなエラー出されてもなぁという感じで悩む。

ともかくなんかライブラリ周りを疑えばいいのかと思って

ldd svnadmin

としようと思ったところ、なにを血迷ったのか

ldconfig svnadmin

としてしまう。が問題が解決した!
つまるところこの前入れ直した際に ldconfig しないといけなかったのねー。

ところでこの状態は大丈夫なのかと思いつつとりあえずメモを取ろうと vim 起動しようとしたら、 案の定ライブラリ読めないというエラーに(笑)

カテゴリ: 

subversion-python

ports tree から ja-trac を導入しようとしたところ、 subversion-python が subversion と conflicts と言われました。
あれれ、これって前から衝突するようなモンだったかなぁ。

とりあえず

pkg_delete subversion-1.4.6_1

で消してから導入で問題なかった。

カテゴリ: 

ページ


ホビー・フィギュア通販
Subscribe to FreeBSD