yokky's blog

ホビー・フィギュア通販

WF-1000XM3 と AirPods Pro

歴史の教科書に載るようなことが次から次に起きている今、皆様お元気でしょうか。
私は2月あたりからずっとリモートワークをしており、テレカンでは最初 WF-1000XM3 を使っておりました。
しかし思うところがあり、前から気にしていた AirPods Pro を購入しました。
両方を所有して随分経ちましたので、比較しながらどんなものか説明していこうと思います。

何故買ったのか

どちらが良い悪いという話ではなく、用途に合う合わないという面が大きかったです。
長時間装着しても楽で、音声を聞いて話すというテレカン用とみると AirPods Pro が良かったという事ですね。
音質については個人的には WF-1000XM3 の方が好みで良いと思っていますが、正直なところ個人差が大きくて優劣を決めにくいのではないかと考えています。
なので購入に際しては、最終的には試聴してみて決めることをおすすめします。

比較

それでは両者を比較していきたいと思います。

カテゴリ: 

KIRIN Home Tap のすすめ

皆様、おうちでおいしいビールを飲んでいますか。
缶ビールも良いけれど、お店で飲むようなハイクオリティなビールを手軽に飲みたい。
このご時世、あまり外に出歩くのもはばかられますし……。

そんなときにおすすめなのが、自宅でつくりたての生ビールが飲める画期的なサービス KIRIN Home Tap です。
私はもう丸2年利用しており手放せないのですが、会員制のためかあまり情報が出回っていないようです。
自分の中での整理もかねて、利用者視点からいろいろまとめてみようと思います。

カテゴリ: 

KIRIN Home Tap 2020年5月度サービス内容一部変更

KIRIN Home Tap が5月よりサービス内容の一部を変更するそうです。

配送方法の変更

夏期(5月から10月)はクール便での配送でしたが、通年常温配送に変更とのこと。
よいものをよい状態で届けるという当初の方針を貫けなかったようです。
実は2019年は11月から常温配送になるところ、1月上旬までクール便にするとの発表があったので、通年クール便に戻るのかと期待しておりましたが見当違いでした……。

しかしながら SNS での広告についているコメントを見るとただひたすらに高いというコメントが多く、ビジネス的には厳しいのかもしれません。
ただ、ユーザとしては最高品質を貫いて欲しかったと思います。
一応「※お届けするビールの品質には問題ございません。」という注釈がありますが、温度管理の出来ていないビールの味を知るものとしてはただただ配送経路が涼しいことを祈るばかりであります。

カテゴリ: 

2020年所感

いよいよ2020年に突入ですね。
皆様お元気でお過ごしでしょうか。

2016年から「継続」という目標を掲げておりまして、いろいろな事の習慣化を進めています。
2018年からはこれに「時間」の意識を追加した結果、もっと具体的に動けるようになってきました。
昨年2019年は身内の不幸や転職といった人生の転機となるイベントがあり、人生という大きな目標を考えるきっかけとなりました。

振り返れば今年は RANDOM.SOFT を名乗って30年、randomsoft.com ドメイン取得から20年という記念すべき(?)年でもあります。
ここまで「継続」できたことに感謝し、2020年も引き続き「継続」していこうと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリ: 

KIRIN Home Tap 2019年の利用継続特典

KIRIN Home Tap を1年間使ってみた感想 でも書きましたが、1年間くらい利用しているとちょっとしたプレゼントがあります。
定期購入のスキップが3回未満とかいろいろ条件がありますが、だいたいの方は淡々とビールを届けてもらって飲んでいると思いますので大丈夫でしょう。

前回は4000円程度のカタログギフトでビールとあまり関係なかったのですが、今回はドンピシャのオリジナルペアグラスだそうです。
約255ml とのことなので、オシャレな感じでしょうか。
グラス自体の説明は殆ど有りませんでしたが、このグラスに対する想いみたいなのが語られていましたのでご紹介しますね。

Home Tapのお届けするビールをお愉しみいただけるように、「一番搾り プレミアム」開発統括の、商品開発研究所 副所長の千葉とともに、数々のグラスから厳選しました。
@{契約者姓}様にもぜひこのグラスならではのおいしさを味わっていただきたい想いを胸に、お届けの準備を進めてまいります。

カテゴリ: 

note を使ってみる

人と話をしているときに事前にまとめておけばうまく話せたのになと思うことがありまして、練習もかねてそのような文書を書いておくことにしました。
内容的にここに書く感じでもないなというのと一度使ってみたいというので、今更ながら note を使ってみようと思います。

これまでの技術的な話などは引き続きここに書いていこうと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリ: 

sonewconn の Listen queue overflow に対応する

あまり見慣れないメッセージがログに残っていました。
どうも HTTPS のアクセスが集中した際に発生している模様。

kernel: sonewconn: pcb 0xfffff800051b3780: Listen queue overflow: 193 already in queue awaiting acceptance (23 occurrences)
kernel: sonewconn: pcb 0xfffff800051b3780: Listen queue overflow: 193 already in queue awaiting acceptance (214 occurrences)
kernel: sonewconn: pcb 0xfffff800051b3780: Listen queue overflow: 193 already in queue awaiting acceptance (17 occurrences)

いろいろ調べた結果、kern.ipc.soacceptqueue を調整すれば良さそう。
デフォルトは128のようです。

カテゴリ: 

macOS のネットワーク環境を使って ssh_config の設定を変更する

macOS のネットワーク設定には「ネットワーク環境」というネットワーク設定をプリセットできる機能があります。
Mac でネットワーク環境を使う方法

職場ではプロキシサーバの設定を行うために使っているのですが、ssh コマンドでもこの設定を反映するよう ssh_config を設定してみました。

実際の設定例

百聞は一見にしかず、実際の設定はこんな感じです。

カテゴリ: 

フォーカス・リーディングで本当に本を読む速度が上がった

本を読むこと

本から得るという事は、先人が培ってきた知識の歴史を自分の中に取り入れる事だなと最近思います。
そんな大層な話をしなくとも、本から得た知識が様々な場面で役に立つことは経験があることでしょう。

わかる。本を読むことは大事である。しかし……時間が……。
私は驚くほど本を読むのが遅く、コミックですら40分くらいかかります。
そしてそれ故、後半にさしかかると前半の記憶が怪しい。
バトル漫画であれば、何故闘っているのかはだいぶ忘れているわけです。
百年も戦争をすれば戦争が起きた理由を知るものはいないわけです。悲しいね。

速く読んで全てを頭に入れられるのか

速読と言えば、目を早く動かすとかページ全てを右脳に記録するとかして超能力的に全てが頭の中に入ってくるイメージですが、ちゃんと(?)速いと認識率が下がるという事を明言されています。
ちなみにいろんなところで科学的根拠を示してくれているので、最初から安心というかうさんくささがないのが良いです。

カテゴリ: 

部屋の整理にサマリーポケットを利用する

部屋が狭くても交通の便を優先させたい派なので、部屋の整理はいろいろ頭を悩ませます。
過去に売ったり捨てたりはやった事がありましたが、今回は最近流行りのダンボール単位で預けるというのを試してみました。

何がそんなに良いのか

貸倉庫(トランクルーム)より小規模からスタートできるというのをよく売りにしていますが、私が感心した表現は「スマホの中に預ける」というものでした。
撮影しない安いコースもありますが、標準では箱の中身を一つずつ撮影してくれてアプリやサイトで見ることが出来ます。
トランクルームでも部屋の収納でもそうなのですが、どこに何があるのか分からなくなってしまうのですよね。
本棚に本を並べておきたいのは何処に何があるのかが見えるからだと思うのですがまさにそれで、預けた荷物がスマホですぐ分かるというのはなかなか画期的です。

また特にかさばる冬物のアウターを夏の間預かってもらうというのも良いですね。
オプションで、箱ではなくハンガーにかけた状態で保管したり、クリーニングをしてもらう事も出来ます。

カテゴリ: 

ページ


sakura
Subscribe to RSS - yokky's blog