diary

ホビー・フィギュア通販

Diary:20130418

ゆるゆる日記。

2013-04-18

朝一でヨドに駆け込みアイカツカードを無事ゲット。
当たり前ですが親子連れが多いですね。

HUB の株価がまたまたあげており、 40万超えたあたりで反転するんじゃないかと予想しいくつか利確。
いったん落ちてきたらまた拾う感じでしょうか。

2013-04-19

アトレ秋葉原1の2階のスペースにアイカツショップがオープンしていました。
しかし入場まで2時間くらいという盛況ぶりで断念。

夜はご無沙汰している同業者の友人と飲みながらちまちまお話。
わたくしの業界ニュースの疎さに落ち込みつつ、 新しい事の話をいろいろ聞けて久々に楽しい感じに。

2013-04-20

妙に睡魔に負けていた日。
疲れているんでしょうか……。

夕方くらいからラブライブを見始めましたが、 なんというかコミュニケーション軽視が引っかかりました。
最終話を残して時間切れ。

カテゴリ: 

Diary:20130414

ゆるゆる日記。

2013-04-14

積まれたダンボールを消化していく日々。
もっと効率よく出来ないかとか考えると止まってしまうので、 少しずつでも日々の積み重ねで確実に荷物を減らしていきたい。

やっと髪を切ってさっぽり。
体感できるほど軽くなりました。

夜は久々にパン食べ放題が出来る BAQET に。
しかしなんかパンが全体的に堅くなったような……。

2年とか5年くらいの中期的な将来をもやもやと考えてみたり。
何が出来るかなー。

2013-04-15

今週はちょっと気持ちが上向いている気がします。
ふとバイオリズムのグラフが頭のなかに出てきてそんなのもあったなと調べてみたところ、 5日から7日の間に身体・感情・知性の全てが不安定日になっており一瞬納得。
しかし バイオリズム 自体が疑似科学だそうで、 納得して損した気分に……。

実際は金曜日に翌週の仕込みをしておいたのが、 リラックスして月曜日を迎えられた理由でしょうね。

カテゴリ: 

Diary:20130412

ゆるゆる日記。

2013-04-12

なにやらばたばたしているうちに一日が終わってしまった感じ。

22時頃にくる眠気がなんなのか気になります。
経験則上その眠気に負けて寝ても3時間くらいで目が覚めてしまうので……。
しかしその眠気に打ち勝つとしばらく眠くならないので、 早寝の難しさが伺えます。

2013-04-13

緊急地震速報(高度利用者向け)の通知で目が覚めたら淡路島 M6 クラスで、 目がさえてしまってしばらくだらだらと。
短時間に起きて寝ての繰り返しで、 これなら起きて何かした方が有意義かもしれないと思ったら寝られました。
このパターンは結構あって、 最近ではそれを利用して 「とても面倒だけどやらないといけない事」 を考えて眠気を増幅させるスキルを得始めています。

カテゴリ: 

Diary:20130410

ゆるゆる日記。

2013-04-10

そういうお仕事なので致し方がないのですが、 ご機嫌斜めなサーバくんのお世話を深夜までしておりだるだるブルー。
ふと考えてみれば3月の週末は殆どを引っ越し作業に費やしてしまったので、 天気の良い今週末はどこかに出かけて気持ちを入れ替えてみようかな。

アイカツをちょっとだけプレイしましたが、 どうにも出るカードが偏ってます……。

2013-04-11

服用する抗ヒスタミン薬をやめてから10日以上たちましたが、 たまーに目がかゆい気がするくらいで落ち着きました。
といっても点鼻薬は1日1回、 点眼薬は1日3回のところ1,2回というペースで使っているおかげでもあると思います。
使い始めてしまったら使い切れと言われているので惰性で使っており、 なくなるまでは突然ぶり返すみたいな事もないでしょう。

ずっとのびのびになってた機器のリプレイスのためテストネットワークを作ったりしましたが、 こういう機器の設定をしているときは楽しいですね。

カテゴリ: 

Diary:20130407

ゆるゆる日記。

2013-04-07

アリアナ・ハフィントン「成功の鍵とは? もっと睡眠をとりましょう」 | Video on TED.com
ちょっとブラックジョークっぽい感じの場面もありますが、 睡眠は大事ですねというお話しのよう。

天気は回復したものの風が凄かったので引き続き自宅作業。
エントランスが水浸しになっており昨晩の風雨の凄さを感じます。
どうも日曜日は次の日の仕事のことが頭をよぎるせいか集中できない感があり、 いまいち作業がはかどった感じがしませんでした。
なんとなく Android の開発環境をちょっと整えたくらい。

2013-04-08

ネイティブ英語のニュースが聞けるアプリを教えてもらいましたので試してみました。

カテゴリ: 

Diary:20130406

ゆるゆる日記。

2013-04-06

荒天のためひたすら自宅で作業をすることに。

天井の一部が構造上デッドスペースになっていたので、 つっぱり棚 を購入しぬいぐるみをひたすら並べるスペースに。
お店の名前がノナカ金物店でストレートな名前だなと思っていましたが、 えらい達筆なお礼状がついておりました。

その後は積まれている段ボールの片付けや、 チラシやフライヤをちまちまスキャンしては捨てる作業へ。

カテゴリ: 

Diary:20130405

ゆるゆる日記。

2013-04-05

TED を見てみました。
標準で日本語字幕がついてる動画もあるんですね。

「スロ-」の勧め | Video on TED.com
急ぎすぎている社会、 遅いことは悪だという意識を改め、 ゆっくりしてみようという事のようです。
しかしわたくしの場合ゆっくり過ごす事はよくやっていて、 短時間ぼーっとするのではなくその短時間でこなせる作業をしたいと思ってたりします。
どちらかというとそっちの方が知りたかったかも。

仕事は新しい期に変わりわずか1週間で思うところがちらほら出てきたので、 ちょっと考えたもののツッコミを入れるべきだろうと。
せっかく良いものがあるので良い方向に流れるようにしていきたい。

花粉症も落ち着きだいぶ暖かくなってきたので、 そろそろじゃまくさい前髪をなんとかしたいところですが、 明日は春によくある急速に発達する低気圧により大荒れの予報。
おとなしく屋内で片付けを淡々とこなすべきでしょう。

カテゴリ: 

Diary:20130403

ゆるゆる日記。

2013-04-03

当日突然降ってきて雑作業がどんどん出てくるみたいなの、 月も変わって気合い入れようとしたところにくるのでだいぶ出鼻をくじかれた感じです。
しかしそれをずるずる引っ張るわけにもいかないなーと思って、 普段は酔ってアウトプットするようなことをしらふでしてみました。
なんというか、 まぁそうなんだけどもうちょっとそうじゃない感じに包まれ、 しかしこれが真実なんだろうと思うとまだまだ精進しなくてはいけません。
やる気は出てきたので一定の効果はあったと見て良いんでしょうけど。

アウトプットしたのと同じような話を TED でしていたというのを聞いて、 そういえば英語のスピーチなんて Steve Jobs が最後だなーと気付き、 ちょっと見てみようかと。
以前無料で見られるんだ、 iPad のアプリまであるんだと感動したもののインストールして満足してたので……。
しかし製品発表で基本的にカタカナ語として受け入れられるスピーチが聞き取れた気分になる程度のスキルで、 果たして TED 楽しめるんでしょうか。
……と思ったら日本語字幕付きで見られるんですね。

カテゴリ: 

Diary:20130401

期が変わったので日記などつけてみる。
日記と言ってもそれほど毎日書く事があるとは思えないので週記くらいで。

2013-04-01

今日入ってくる情報は検証コストが高いので基本的にスルー。
4月に入りそもそも杉花粉のピークを過ぎているので、 花粉症の飲み薬を停止してみる実験開始。
とはいえ点眼薬・点鼻薬は使い切らないといけないので続けており、 それほどひどい事にはならないのではないかと予想しています。
そういえばマスクも一番ひどい時期だけしてましたが、 それ以外は薬の効果かマスクなしでもいけました。
来年はどうかな……。

最近どうも薬のせいか酔い方がいけなかったり、 それに限らずもともと言葉が足りない部分が自分の中でひっかかったりしています。
春という季節は個人的に終わりより始まりだと感じているので、 折角なので物事を一歩引いたり突っ込んだりして考えていきたいなと思います。

カテゴリ: 

花粉症

とうとうきました、花粉症。
杉だけだったのがまだ救いですが……。
備忘録的に記録しておきます。

2月中旬頃より目頭の辺りが妙にかゆい時があったものの、 断続的だったのであまり気にしていませんでした。
しかしその後も収まる様子はなく、 目をかくとくしゃみが出て鼻水が出るという感じで連動するので状況を確定させるため3月初旬に耳鼻科へ。
血液検査は結果が分かるまで1週間から10日かかるそうで。
とりあえず飲み薬をもらい目のかゆみは緩和したものの、 翌週くしゃみ鼻水と咳まで出て眠りも浅く精神的にもきました。
花粉の飛散がひどかった時期ですが、 後から考えると風邪を併発していただけかもしれません。

検査結果を聞きに再び耳鼻科へ。
ちょうど引っ越しなどほこりまみれになっている時期だったので、 ハウスダストの可能性もあったのですが結果は杉花粉でした。
検査結果

カテゴリ: 

ページ


sakura
Subscribe to diary