sonewconn の Listen queue overflow に対応する

あまり見慣れないメッセージがログに残っていました。
どうも HTTPS のアクセスが集中した際に発生している模様。

kernel: sonewconn: pcb 0xfffff800051b3780: Listen queue overflow: 193 already in queue awaiting acceptance (23 occurrences)
kernel: sonewconn: pcb 0xfffff800051b3780: Listen queue overflow: 193 already in queue awaiting acceptance (214 occurrences)
kernel: sonewconn: pcb 0xfffff800051b3780: Listen queue overflow: 193 already in queue awaiting acceptance (17 occurrences)

いろいろ調べた結果、kern.ipc.soacceptqueue を調整すれば良さそう。
デフォルトは128のようです。

カテゴリ: 

macOS のネットワーク環境を使って ssh_config の設定を変更する

macOS のネットワーク設定には「ネットワーク環境」というネットワーク設定をプリセットできる機能があります。
Mac でネットワーク環境を使う方法

職場ではプロキシサーバの設定を行うために使っているのですが、ssh コマンドでもこの設定を反映するよう ssh_config を設定してみました。

実際の設定例

百聞は一見にしかず、実際の設定はこんな感じです。

カテゴリ: 

フォーカス・リーディングで本当に本を読む速度が上がった

本を読むこと

本から得るという事は、先人が培ってきた知識の歴史を自分の中に取り入れる事だなと最近思います。
そんな大層な話をしなくとも、本から得た知識が様々な場面で役に立つことは経験があることでしょう。

わかる。本を読むことは大事である。しかし……時間が……。
私は驚くほど本を読むのが遅く、コミックですら40分くらいかかります。
そしてそれ故、後半にさしかかると前半の記憶が怪しい。
バトル漫画であれば、何故闘っているのかはだいぶ忘れているわけです。
百年も戦争をすれば戦争が起きた理由を知るものはいないわけです。悲しいね。

速く読んで全てを頭に入れられるのか

速読と言えば、目を早く動かすとかページ全てを右脳に記録するとかして超能力的に全てが頭の中に入ってくるイメージですが、ちゃんと(?)速いと認識率が下がるという事を明言されています。
ちなみにいろんなところで科学的根拠を示してくれているので、最初から安心というかうさんくささがないのが良いです。

カテゴリ: 

部屋の整理にサマリーポケットを利用する

部屋が狭くても交通の便を優先させたい派なので、部屋の整理はいろいろ頭を悩ませます。
過去に売ったり捨てたりはやった事がありましたが、今回は最近流行りのダンボール単位で預けるというのを試してみました。

何がそんなに良いのか

貸倉庫(トランクルーム)より小規模からスタートできるというのをよく売りにしていますが、私が感心した表現は「スマホの中に預ける」というものでした。
撮影しない安いコースもありますが、標準では箱の中身を一つずつ撮影してくれてアプリやサイトで見ることが出来ます。
トランクルームでも部屋の収納でもそうなのですが、どこに何があるのか分からなくなってしまうのですよね。
本棚に本を並べておきたいのは何処に何があるのかが見えるからだと思うのですがまさにそれで、預けた荷物がスマホですぐ分かるというのはなかなか画期的です。

また特にかさばる冬物のアウターを夏の間預かってもらうというのも良いですね。
オプションで、箱ではなくハンガーにかけた状態で保管したり、クリーニングをしてもらう事も出来ます。

カテゴリ: 

令和元年所感

明けましておめでとうございます、で良いのでしょうか。
随分先だと思っていたのですが、時間が経つのはあっという間ですね。
なんだか年末年始みたいな雰囲気もありましたので、年始のようにちょっと振り返ってみようかなと思います。

今年の進捗

2019年所感 では、インプット・アウトプットとまずは行動するというような目標設定をしました。

インプット・アウトプット

アウトプットは最近ちょっと滞っていますが、インプットはだいぶ良い流れが作れています。
フォーカス・リーディングという速読法を学び、読書時間が短縮されて読書量が大幅に増えました。
もともと読むのが遅く、そのために読むのが億劫になってしまっていたのでこれが改善できたのは大きいです。

最近新しい本が出ましたのでご参考まで。
フォーカス・リーディング習得ハンドブック

カテゴリ: 

Mastodon での発言を Twitter に投げ込む

作るに至る経緯

今までは IFTTT で nullkal さん謹製のものに 手を加えて 投げ込んでいましたが、だいたい2時間くらい間隔でしか動いてくれず。
どこどこに居るよ、みたいな情報だと2時間のタイムラグは結構大きいので悩ましい。

Mastodon は Atom のデータが取れるので、 前の記事 でのスクレイピング熱が冷めないうちにやってしまおうという感じで作ることとなりました。

作っている間の雑感

Mastodon での mention(reply) は除外したかったのでちょっと考えていました。
通常の発言は p タグで囲まれたただのテキストですが、mention の場合は p タグの後にユーザのリンクが a タグで入ってくるので、xpath('//p') でサクッと取れて大成功……と思いきや、発言にリンクがあっても a タグが入るので駄目でした。
結局色々判定後にタグを削除する方向と相成りました。

カテゴリ: 

某アイカツ!ランキングを取得して Mastodon に投げ込む

作るに至る経緯

一番くじ アイカツ! の発売が決まったようです。
楽しみですね。
上記サイトにもありますが、その商品内容を決めるべく人気投票がはじまりました。
とても気になりますね。

ただしスマホサイトのみでしか現在の順位が分からない仕様でいまいちアクセスが悪い。
また結構順位が入れ替わるようで定点観測もしたい。

前々からちょこちょことスクレイピングしてデータ取りたい欲求があり、 Pythonによるクローラー&スクレイピング入門 などを買っておいたりしていましたので(結局あまり使いませんでしたが)、これはいよいよ動向を追うためにやるしかないと思い立ち、順位を定点観測するスクリプトを作成することにしました。

KIRIN Home Tap が4月にリニューアル

以前 KIRIN Home Tap を1年間使ってみた感想 で書いておりますが、平たく言いますとサイトが駄目みたいなお話をしました。
しかし、4月からの新規募集再開に合わせてサイトもリニューアルされるというお知らせがメールで届きました。
前の記事で「いまいちかな……」と思われた方も居ると思いますので、こちらもご紹介したいと思います。

ちなみに募集の受付は2月28日までですので興味のある方はお急ぎ下さい。
キリンホームタップ

基本スケジュールの変更可能期間の改善

基本スケジュールとは月に2回の定期配達の日です。
日程やビールの種類や数の変更は現在7日前までで、これが結構地味に過ぎてしまうのです。
会員数とビール生産数の関係で仕方がなかったようですが、生産ラインの確保や今回の会員追加募集のおかげか4日前まで変更可能となります。
これは過ぎてしまった経験がある人にしか分からない嬉しい変更ですね。

カテゴリ: 

Developers.IO CAFE に行ってきた

R.L WAFFLE CAFE の跡地に出来た Developers.IO CAFE が気になったので行ってきました。

リリース によると、「完全キャッシュレス、レジレス、ウォークスルー体験、来店前オーダーの新型カフェ」だそうで、とても未来っぽい。

無人決済は以前 JR が赤羽駅で実証実験をやっていましたが、タイミングが合わなくて体験できなかったのですよね。
またあちらは商品確認後に Suica をタッチする改札的なレジがあったようですが、こちらは商品を持ってエリアを出ると決済完了とのこと。

店員さんがオーダー方法を親切に説明してくれます

実証実験的なポジションだからだと思いますが、 店員さんが細かく説明してくれます。

カテゴリ: 

KIRIN Home Tap を1年間使ってみた感想

KIRIN Home Tap の新規申し込みが4月から再開されるそうで、2月末までプレ登録の受け付けを行っています。
多い場合は抽選のようですが、募集人数は公開していないようですね。
一体どのくらい募集するのでしょうか……。

参考になるかどうか分かりませんが、1年強利用したので感想などをつらつらと書いておこうと思います。

入手までの長い道のり

ご存じの方も多いかもしれませんが、毎月新規募集をする度にすぐに埋まるというのを繰り返していました。
埋まるだけなら人気と言うことで仕方がないのですが、正直サイトの作りが良くなくて全然進めないまま終わってしまうので、なかなかにフラストレーションが高まる感じでした。
2017年夏前に流石にキリンもこの状態は良くないと認識したようで、しばらく募集を止めてがっつり数を確保すると豪語され、そして8月22日にがっつり募集を再開しました。
まぁ想像に難くないと思いますが、数時間つながらないサイトができあがりました……。

カテゴリ: 

ページ


sakura
Subscribe to RANDOM.SOFT RSS